結婚式で両親へプレゼントを贈る際のマナー

結婚式に両親への感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈りたいと思っているカップルは多いでしょう。そこで、プレゼントを贈る際のマナーについて解説します。
まず、結婚式に限らず一般的に両親や目上の方への贈り物としてタブーとされているものは避けましょう。例えば、万年筆、ボールペンなどの筆記用具を贈るのは「もっと勉強してください」という意味があるため不適切です。また、靴やスリッパなどの履物は、相手を「踏みつける」という意味があるのでタブーとされています。
そして、結婚祝いの贈り物としてNGとされているものも避けましょう。よく言われるのはハンカチや包丁です。ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから「手切れ」を連想させます。また、包丁などの刃物は「切れる」ことをイメージさせます。
では、結婚式で両親に喜ばれる贈り物についてですが、定番は父親にブートニア、母親に花束でしょう。生花の花束以外にも、長く喜んでもらいたいという思いから、プリザーブドフラワーや、鉢植えの花を贈るカップルも多いようです。
花束意外で感謝の気持ちを表したいという場合、好きなものや日常使ってもらえるものを贈るとよいでしょう。例えば、お酒が好きなお父さんへは記念のラベルを貼った日本酒やワイン、珈琲や紅茶が好きな家族ならばマグカップやティーセットなどを贈れば、普段の生活の中で結婚式のことを思い出してもらえるでしょう。
また、喜んでもらえるものがわからないという場合は、「二人でゆっくりしてね」という気持ちを込めて、旅行券やお食事券を贈るのもおすすめです。
予算の都合がつかない場合、手作りの感謝状や、家族の思い出の写真が入ったフォトフレームやアルバムなども喜ばれるはずです。絵が得意であれば、手描きのイラストで似顔絵を描くのもいいでしょう。
高価なものよりも、感謝の気持ちがこもったものを贈ることが何より大切です。
結婚式に両親への感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈りたいと思っているカップルは多いでしょう。そこで、プレゼントを贈る際のマナーについて解説します。
まず、結婚式に限らず一般的に両親や目上の方への贈り物としてタブーとされているものは避けましょう。例えば、万年筆、ボールペンなどの筆記用具を贈るのは「もっと勉強してください」という意味があるため不適切です。また、靴やスリッパなどの履物は、相手を「踏みつける」という意味があるのでタブーとされています。
そして、結婚祝いの贈り物としてNGとされているものも避けましょう。よく言われるのはハンカチや包丁です。ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから「手切れ」を連想させます。また、包丁などの刃物は「切れる」ことをイメージさせます。
では、結婚式で両親に喜ばれる贈り物についてですが、定番は父親にブートニア、母親に花束でしょう。生花の花束以外にも、長く喜んでもらいたいという思いから、プリザーブドフラワーや、鉢植えの花を贈るカップルも多いようです。

結婚式で両親へのプレゼントとしてポピュラーな物

人生の中で最大のイベントと言えば結婚式です。
結婚するお二人の新たな門出を祝うおめでたい席でもあり、普段はなかなか言えない両親への感謝を伝えるのも結婚式ならではだと言えます。
結婚式では様々なドラマがあります。
特に結婚式の披露宴の終盤でよくあるのが、花嫁から家族への感謝のお手紙です。
今まで育ってきた環境、親元から離れる娘から最後の言葉を贈るのです。
お手紙の代わりに、新郎は新郎の、新婦は新婦の両親にプレゼントを贈るカップルもいます。
その中でもポピュラーなプレゼントが、自分が生まれた時の体重と同じ重さ、大きさのぬいぐるみ、ウェイトドールです。
もう忘れてしまったであろう、母が一番最初に抱いた時の重さや大きさです。
ぬいぐるみの種類も多く、スタンダードなクマのぬいぐるみから、実家で飼っている犬をモデルに作ったぬいぐるみなど、ずっと飾っておける物ですから、思い出に残ることでしょう。
その他にもポピュラーな物として、花束やフォトフレーム、旅行券に人気があるようです。
花束もブリザーブドフラワーにしてしまえば、枯れてしまうことなく綺麗なまま長持ちします。
フォトフレームは、これから誕生するであろう孫の写真の為にと贈られる方も多いようです。
旅行券は、育児も終わり、たまには二人の時間も大切にして欲しいという願いを込めて贈る方が増えています。
高価な物でなくても、今までの両親の苦労を少しでも労う気持ちが大切なのです。

巷で人気の結婚式で両親へ贈るプレゼント

結婚式の終盤のイベントとして昔からあるのが、両親へのプレゼントを贈るというプログラムです。
最後の挨拶の前に新婦が手紙を読み、新郎と共にプレゼントを渡すというイベントなのですが、最近人気となっているのが自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを渡すということなのです。
結婚式は両親の元を離れて、別の家庭を築いていくために別れを惜しんでいるという新郎新婦も多くいるのです。
今まで育ててもらった感謝の気持ちを込めて、自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを贈るという人もとても多いのです。
中には実用的なことを考えて、出生体重と同じ重さのお米を贈るという人もいます。
少し前までは、花束や大きなテディベアを渡すという人が多かったのですが、自分たちの個性を出したいという新郎新婦が多くなってきたことや、家族だけの小規模な結婚式が増えているということもあり、こういった自分たちを身近に感じてもらえるような贈り物が人気となっているのです。
結婚式で使用したプロフィールビデオを編集して自分の生い立ちをまとめたDVDなどを贈るという人も多くなっています。
映像で残すことによって、普段は口に出来ないような感謝の気持ちなども自然と言えるようになりますし、思い出が詰まった写真を使用することによって、家族内の絆を再確認することもできるのです。
形にとらわれず、家族が喜んでくれるような贈り物をするというのが最近の流行となっているのです。結婚式の終盤のイベントとして昔からあるのが、両親へのプレゼントを贈るというプログラムです。
最後の挨拶の前に新婦が手紙を読み、新郎と共にプレゼントを渡すというイベントなのですが、最近人気となっているのが自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを渡すということなのです。