巷で人気の結婚式で両親へ贈るプレゼント

結婚式の終盤のイベントとして昔からあるのが、両親へのプレゼントを贈るというプログラムです。
最後の挨拶の前に新婦が手紙を読み、新郎と共にプレゼントを渡すというイベントなのですが、最近人気となっているのが自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを渡すということなのです。
結婚式は両親の元を離れて、別の家庭を築いていくために別れを惜しんでいるという新郎新婦も多くいるのです。
今まで育ててもらった感謝の気持ちを込めて、自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを贈るという人もとても多いのです。
中には実用的なことを考えて、出生体重と同じ重さのお米を贈るという人もいます。
少し前までは、花束や大きなテディベアを渡すという人が多かったのですが、自分たちの個性を出したいという新郎新婦が多くなってきたことや、家族だけの小規模な結婚式が増えているということもあり、こういった自分たちを身近に感じてもらえるような贈り物が人気となっているのです。
結婚式で使用したプロフィールビデオを編集して自分の生い立ちをまとめたDVDなどを贈るという人も多くなっています。
映像で残すことによって、普段は口に出来ないような感謝の気持ちなども自然と言えるようになりますし、思い出が詰まった写真を使用することによって、家族内の絆を再確認することもできるのです。
形にとらわれず、家族が喜んでくれるような贈り物をするというのが最近の流行となっているのです。結婚式の終盤のイベントとして昔からあるのが、両親へのプレゼントを贈るというプログラムです。
最後の挨拶の前に新婦が手紙を読み、新郎と共にプレゼントを渡すというイベントなのですが、最近人気となっているのが自分の出生体重と同じ重さのぬいぐるみを渡すということなのです。