結婚式で両親へプレゼントを贈る際のマナー


結婚式に両親への感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈りたいと思っているカップルは多いでしょう。そこで、プレゼントを贈る際のマナーについて解説します。 まず、結婚式に限らず一般的に両親や目上の方への贈り物としてタブーとされているものは避けましょう。例えば、万年筆、ボールペンなどの筆記用具を贈るのは「もっと勉強してください」という意味があるため不適切です。また、靴やスリッパなどの履物は、相手を「踏みつける」という意味があるのでタブーとされています。 そして、結婚祝いの贈り物としてNGとされているものも避けましょう。よく言われるのはハンカチや包丁です。ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから「手切れ」を連想させます。また、包丁などの刃物は「切れる」ことをイメージさせます。 では、結婚式で両親に喜ばれる贈り物についてですが、定番は父親にブートニア、母親に花束でしょう。生花の花束以外にも、長く喜んでもらいたいという思いから、プリザーブドフラワーや、鉢植えの花を贈るカップルも多いようです。 花束意外で感謝の気持ちを表したいという場合、好きなものや日常使ってもらえるものを贈るとよいでしょう。例えば、お酒が好きなお父さんへは記念のラベルを貼った日本酒やワイン、珈琲や紅茶が好きな家族ならばマグカップやティーセットなどを贈れば、普段の生活の中で結婚式のことを思い出してもらえるでしょう。 また、喜んでもらえるものがわからないという場合は、「二人でゆっくりしてね」という気持ちを込めて、旅行券やお食事券を贈るのもおすすめです。 予算の都合がつかない場合、手作りの感謝状や、家族の思い出の写真が入ったフォトフレームやアルバムなども喜ばれるはずです。絵が得意であれば、手描きのイラストで似顔絵を描くのもいいでしょう。 高価なものよりも、感謝の気持ちがこもったものを贈ることが何より大切です。 結婚式に両親への感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈りたいと思っているカップルは多いでしょう。そこで、プレゼントを贈る際のマナーについて解説します。 まず、結婚式に限らず一般的に両親や目上の方への贈り物としてタブーとされているものは避けましょう。例えば、万年筆、ボールペンなどの筆記用具を贈るのは「もっと勉強してください」という意味があるため不適切です。また、靴やスリッパなどの履物は、相手を「踏みつける」という意味があるのでタブーとされています。 そして、結婚祝いの贈り物としてNGとされているものも避けましょう。よく言われるのはハンカチや包丁です。ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから「手切れ」を連想させます。また、包丁などの刃物は「切れる」ことをイメージさせます。 では、結婚式で両親に喜ばれる贈り物についてですが、定番は父親にブートニア、母親に花束でしょう。生花の花束以外にも、長く喜んでもらいたいという思いから、プリザーブドフラワーや、鉢植えの花を贈るカップルも多いようです。